買い物弱者の強い味方

地域格差が社会の大きな課題となっているように、昔の農業中心の日本社会とは異なり、地方には産業や仕事が乏しいために、若い人は都心近くに出てそのまま核家族を築き、出身地からは遠く離れて暮らすようになりました。
結果、地方に残した両親が高齢化し、片方が亡くなる一人暮らし家庭も近年急速に増えています。若い世代は仕事や生活があるので、定年までに帰って来て親と暮らすという人は稀になってしまいました。

高齢になって足腰が悪くなり、生活の為の買い物がとても困難になりつつある人々を買い物弱者と呼び、その人数は全国で600万人を超えるとも言われています。そのような人々を助けるためにも、食材宅配は大きな脚光を浴びています。

食材を宅配しても、調理が難しくなってきている人の為に、夕食が調理済みのセットになったお弁当タイプの物を毎日届けてくれるサービスも登場しています。決まった時間に配達されるので、自治体が一人暮らしの高齢者の安否確認に利用している地域もあります。
また、全国何処に住んでいて、何処へ注文しても配達代金が無料のサービスを展開している会社もあるので、遠くに住む子供たちが親の為に毎日宅配を頼む事もあります。直接生活を見守ってあげる事は出来なくても、そういった事で親を気に掛けられるのは、新しい形の親孝行とも言えるでしょう。

注目記事

Copyright(c) 生活に便利な食材宅配を利用しよう. All Rights Reserved.